「オオヤマザクラ観桜と月岡城跡を探訪する会」が行われました!

とても穏やかな春の日でした。

今日の日のために企画したイベント「オオヤマザクラと月岡城跡を探訪する会」。

私たちの会がこれまで保全活動を続けてきたオオヤマザクラの紹介と、道心坂の歴史の中の一コマ・月岡城跡を学ぶとともに、道心坂を散歩しながらこの並木の観桜会を行いました。

オオヤマザクラは3月に降り続いた思わぬ雪のために開花はわずかで、とても観桜会とはいかない状況でしたが、カタクリや思いがけないキクザキイチゲなどスプリングエフェメラルを見つけ、参加者20名の方々はのびやかな春のひとときを過ごしていただけたようでした。

道心坂の頂上(どんどん山)にはかつて月岡城があったと伝えられています。近年かつてないほどの山城ブームといわれ、山城巡りに参加する人はますます増えています。けれど山城はその性格上、建物がほとんど残ってなく、山城の見方や楽しみ方がわかるには最初はガイドが必要で、 今回、長年新潟県内の山城をしらべてこられた山城研究家の鳴海忠夫氏を迎えて月岡城の解説をしていただき、有意義で貴重なイベントとなりました。

そして最後、私たちが今取り組んでいる長屋門の建築的な解説をしていただいた建築士の金子晴俊さん。いろいろなことを学ばせていただきました。

参加いただいた皆さん、ありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。