長屋門:ブルーシートかけ作業とテレビ+新聞の取材も!

今日は会員さん達の皆様の力を合わせて素晴らしい作業ができました。

これから雪が降るので少しでも傷まないように長屋門の屋根に7メートル幅のブルーシートを2枚かけました。会長が色んな準備をしてくれて、着いたら丁寧に説明してくれました。

まずブルーシートで屋根を傷めないために竹棒で骨組みを作りました。邪魔になる部分をのこぎりで切ったり、小さいチェーンソーで屋根にかかっている枝を切ったりしました。みなさんは一所懸命に動いていました。

そして、一枚目のブルーシートをひろげてロープを付けて、会長とあと二人が屋根に上りました。ちゃんとした位置になるように上からひっぱったり、下から竹棒で引っ掛からないようにしたりしました。朝は霰が降りていてとても寒かったし、途中で雨が降ったりしたので瓦が濡れていて滑りやすく、本当に危なかったと思います。ケガしないように安全ベルトとかヘルメットをつけながら、ゆっくり作業をしました。

10kgの砂袋を何個も上げてから休憩しました。寒くて疲れてて、準備してくれた温かい飲み物がなおさらおいしかったです。

そのあいだ新潟BSNさんが会長のインタビューをしました。寒い中、最初から最後まで取材をされ、夕方のニュースで流して頂きました。

BSNテレビ放映記事

 

メディアに取り上げられると大勢の方に活動を認知されるので、ありがたいです。三條新聞さんもいらっしゃっていたので、そのうち紹介されると思います。

最後に板で端をしっかり留めて、お陰様で無事にすべての作業が終わりました。神様に感謝をします。

やりながら、昔はこうやってみんなが協力して茅葺屋根の設置などをしていたのだなぁと思いました。子供たちも手伝ったり遊んだりして、こういうことが受け継がれていくんですね。自然の中で活動しているので、ちょっと顔を上げたら雲の間にお月様の姿があり、見守られている感じました。それから完全に晴れてきて、暖かい太陽の光を包まれながら幸せな気持ちで胸がいっぱいになりました。

午後は場所を変えて、募金活動について話し合いました。今までの経験を共有し合い、勇気をもらい、また、新たに活動をするエネルギーチャージをしました。大変なこともありますが、順調に進んでいます。

本当に素敵な一日でした!

長屋門:ブルーシートかけ作業とテレビ+新聞の取材も!” に対して2件のコメントがあります。

  1. 齋藤 紀美江 より:

    お疲れさま(*^-^)ノでした❤
    焦らずにじっくりと活動して行ければと思っています❤
    お手伝いに行けなくて、すみませんでしたm(__)m

    1. 会長 宗村里士 より:

      コメントありがとうございました。
      当日は途中雨が少しぱらつき、屋根瓦もぬれて滑りやすくなって、下で見ている人は返って心配されたことでしょう。
      無事作業が終わってホッとしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。